×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

にきびの予防

にきびの予防の1つとして、紫外線対策があります。紫外線はシミ、ソバカスの原因になると言われていますがにきびの原因にもなります。

紫外線には殺菌効果もあるため、適度な紫外線は、にきびの予防になるといわれていますがやはり肌はダメージを受けます。

紫外線対策として一番簡単にできることは「日焼け止め」を塗ることです。日焼け止めを塗ると塗らないでは大きな違いが出てきます。

しかし、日焼け止めを選ぶときにも注意が必要です。間違った選び方をするとにきびの原因になってしまいます。

紫外線吸収剤無配合の日焼け止めがたくさん売られています。 買う時には必ず紫外線吸収剤の入っていないものを購入しましょう。

紫外線吸収剤は成分が強すぎるため肌の酸化を促してしまい肌に負担を与えてしまう場合があるのです。

にきびができてしまっている方で、日焼け止めを塗る場合、にきびを悪化させないよう、油分の強いものは避けましょう。また、にきびの上には塗らないように注意しましょう。

そして、紫外線は夏だけと勘違いをしている方もいると思いますが、一年中紫外線はあるのです。紫外線ケアは常に頭に入れておきましょう。

SponsoredLink

このページの先頭へHOMEへ