×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

にきびの原因

にきびができる原因にはいろいろありますがその一つにアクネ菌がにきびの原因であるという説があります。 アクネ菌とは誰の顔にでもいる常在菌で、病原菌ではありません。にきびのない人の顔にもアクネ菌はいるのです。このアクネ菌は皮脂を栄養として繁殖します。ですので皮脂腺の辺りにはアクネ菌がたくさんいるのです。

しかし、アクネ菌がいるからにきびができるわけではありません。 アクネ菌には人の皮膚を弱酸性に保ち、他の病原菌の繁殖を抑えてくれる役割があります。ですので、肌にとっては欠かせない存在なのです。

それではアクネ菌がなぜにきびの原因と言われるのでしょうか? その理由は、毛穴が詰まった状態や皮脂が多くなった場所にアクネ菌がたくさん集まってきてしまい、皮脂により大量に繁殖してしまうことがにきびの原因になるのです。

アクネ菌が棲みついてできるのが「赤にきび」です。

この状態を放置し毛穴の中で皮脂とアクネ菌が増え毛穴を壊してしまうとにきび跡が残ってしまいます。 そうなる前にきちんとケアすることが必要です。

ニキビダニはにきびの原因?

ニキビダニ(顔ダニ)とはほとんどの人の顔に数万匹程度生息している寄生虫で、ニキビの原因であるという説もありますが、顔ダニはニキビの直接の原因ではありません。顔ダニは普通は余分な脂肪分を食べるので皮膚の酸性状態を保ち、細菌から皮膚を保護しているもので、害はなく、逆にニキビを防いでくれているのです。

ニキビダニの写真

では、なぜ顔ダニがニキビの原因であるという説があるのでしょう。それは、顔ダニは生き物なので、排泄物があります。その排泄物や、死骸が肌に溜まると毛穴がつまることでニキビの原因になるということです。 顔ダニは夜行性の生き物で、寝ている間に皮膚に残った餌を食べて繁殖します。寝る前にしっかり洗顔をしなかったりすると顔ダニが繁殖します。泡たてネットなどを使って細かい泡をしっかり立てて洗顔し、皮膚に顔ダニのえさになるようなものを残さないようにしましょう。洗顔で顔ダニが全滅するわけではないので勘違いのないよう・・。

にきびの原因

にきびの原因の一つに汗もあります。 汗をかくと皮脂の分泌も多くなるので、肌が汚れ、雑菌の繁殖につながります。

汗は確かに雑菌の繁殖につながりますが、汗をかかずに生活することはできません。
また汗をかかなければいいという訳でもありません。汗をかくということは代謝がよくなるということです。にきびができる原因の一つに代謝が悪いとこがあげれられますのでにきび予防として、代謝をよくするための適度な運動をする必要があります。

汗をにきびの原因にしないためには、汗をかいた後の処理が重要になります。



SponsoredLink

このページの先頭へHOMEへ